The Kotl City

The Kotl Cityはパブリッシュ94で導入されたダンジョンで、Barako族の村からUrali族の村に行く道の途中に入口があります。
2016y08m27d_211716022.jpg

The Kotl Cityにいるモンスターを倒していると時々あなたは倒した敵の装備がコットルのものであることに気づきました。これには価値がありそうです……。というメッセージが出て名前の最初にコットルのがついた青っぽい色の装備品がでます。
例:コットルのブロンズシールド  コットルのレザーチュニック コットルのバルディッシュ
2016y08m29d_160643372.jpg2016y08m29d_160649453.jpg2016y08m29d_162315155.jpg
ダンジョン入口横にいる交換係をシングルクリックしてコットルアーティファクトに交換
をクリックし、交換したい装備品をクリックするとアイテム交換用のポイントが貯まります。
アイテム交換用のポイントはコットルの装備一つにつき1ポイント貯まります。
交換係をシングルクリックしてドゥームアーティファクトの申請をクリックするとポイントが必要数あればアイテムと交換できます。表示がドゥームアーティファクトになっているのはトレジャーオブドゥームのシステムを流用しているのが原因と思われます。
交換可能なアイテムは以下の通りです。
2016y08m29d_203544083.jpg2016y08m29d_203559061.jpgSkeletal Hangman 家に設置できるアイテム。東向きと南向きがあります。設置すると受取った人の名前が入ります。
2016y08m29d_203637612.jpgコットルの生贄の祭壇 家に設置できるアイテム。東向きと南向きがあります。上を通行可能。
2016y08m29d_204936446.jpgブラックムーンストーン 細工スキルで作製可能なスペクター博士のレンズと、大工スキルで作製可能なkotl black rodと、gargish kotl black rodの材料。
コットルブラックロッドのレシピ 大工スキルで作製可能なkotl black rodのレシピ。習得するとgargish kotl black rodも作製可能になります。
スペクター博士のレンズのレシピ 細工スキルで作製可能なスペクター博士のレンズのレシピ。
コットルオートマタのレシピ 細工スキルで作製可能なコットルオートマタのレシピ。
2016y08m30d_220159097.jpg2016y08m30d_220146651.jpgオートマタ起動装置 細工スキルで作製可能なKotlオートマタの材料。設置するとアニメーションします。内装ツールで回転可能。
称号の証書 使用するとMenace Of The Myrmidexの称号が得られます。譲渡可能でベンダーにも入ります。NPCが2ゴールドで買い取るので注意してください。
称号の証書 使用するとZealot Of Zipactriotlの称号が得られます。譲渡可能でベンダーにも入ります。NPCが2ゴールドで買い取るので注意してください。
称号の証書 使用するとExplorer Of The Kotl Cityの称号が得られます。譲渡可能でベンダーにも入ります。NPCが2ゴールドで買い取るので注意してください。
2016y08m30d_220615992.jpgUrali族のバナー 家に設置できるバナー
2016y08m30d_220637242.jpgBarrab族のバナー 家に設置できるバナー
2016y08m30d_220645244.jpgSakkhra族のバナー 家に設置できるバナー
2016y08m30d_220657153.jpgBarako族のバナー 家に設置できるバナー
2016y08m30d_220719213.jpgKurak族のバナー 家に設置できるバナー
2016y08m30d_220726964.jpgJukari族のバナー 家に設置できるバナー
2016y08m30d_221842252.jpgカタルコットルの指輪 装備品。
2016y08m30d_221858528.jpgエスケープタロン ガーゴイル専用装備品。エスケープブーツとプロパティは同じです。
2016y08m30d_221906393.jpgエスケープブーツ 人間とエルフ専用装備品。エスケープタロンとプロパティは同じです。

The Kotl Cityに生息するモンスターは以下の通りです。
2016y09m01d_200332619.jpg a fire elemental
2016y09m01d_200511055.jpg a lava lizard
2016y09m01d_202001132.jpg Desiccated Myrmidex Larvae
2016y09m01d_232912064.jpg Ignis Fatalis
2016y08m30d_223759279.jpg Kotl Automaton
2016y09m02d_233106370.jpg Spectral Myrmidex Warrior
2016y09m02d_233038365.jpg2016y09m02d_233302437.jpg Spectral Kotl Warrior

Spectral Myrmidex WarriorSpectral Kotl WarriorはKotlの古代の戦いで登場します。
Kotlの古代の戦いの再現は以下の手順でできます。
2016y09m01d_204153988.jpg
まず、The Kotl Cityの北東にあるアクティベーターを起動します。
いくつかのアクティベーターは、起動しようとすると*スイッチがショートして感電した!これ以上ダメージを受ける前に回復しなければ!*というメッセージが出て30~100程度のダメージを受けます。
4回間違えると*配線が間違っている!新しい配線を考えなくては!*というメッセージがでてリセットされます。
起動できるアクティベーターを全て起動すると、*遠くでドアが開く音が聞えます……*というメッセージが出て南にある部屋のドアが開くようになります。
南にある部屋の中央にある時間の歯車をダブルクリックします。
2016y09m02d_001021599.jpg
すると*時間の歯車を動かしました。都市はいにしえの時代へと遡ります……。*というメッセージが出て、東側の通路を塞いでいた岩が消えて、通れるようになります。
東側の通路にはタイルが一直線に並んでいて、その中に一つだけ上を通れるタイルがあります。他のタイルは通ろうとするとダメージが入り、通れません。通路の突き当たりにはテレポーターがあり、隣の部屋に移動できます。
移動した部屋の奥にはパワーコアドッキングステーションが8個あり、8個全てのパワーコアドッキングステーションにムーングロウのライキュームで購入可能な玄室のパワーコアかThe Kotl City内で入手可能なKotlのパワーコアをセットします。
パワーコア以外の物をセットしようとするとドッキングステーションはパワーコアのみ受け付けます。と出ます。
既にセットしたドッキングステーションにセットしようとするとこのステーションは起動済みです。と出ます。
全てのドッキングステーションにパワーコアをセットすると、[Kotlホロジェネレーター]:壮大なる戦いが再現されようとしている!中心部へ進行せよ!というメッセージが出て、The Kotl Cityの古代の戦いが再現されます。
この戦いは一時間で終了します。この戦いの再現で出るSpectral Myrmidex WarriorSpectral Kotl Warriorはコットルアーティファクトが出やすくなっています。

The Kotl Cityの北西では、コットル王の収納箱から、様々な物を得る事が出来ます。
王の収納箱は、The Kotl Cityの北西、白い床のエリアのどこかに隠れています。
2016y09m03d_181333798.jpg
白い床のエリアに探知スキルを使うと王の収納箱が出現します。
2016y09m03d_182744620.jpg
鍵開けスキルで鍵を解除し、2段階にかかっている罠を解除すると、開ける事ができます。
中には以下の物が入っています。
必ず入っているもの
1~8種程度の宝石1~6個
800~1100前後のゴールド
入っている可能性のあるもの
2016y09m03d_200039222.jpg 作動していないオートマタの頭部
2016y09m03d_200032579.jpg 本
2016y09m03d_200025375.jpg Semidarのカード
2016y09m03d_200129691.jpg Kotlのパワーコア
9月24日付で、公式ニュースレターが公開されました。広田剣公式フェイスブックに日本語版が載っています。
The Kotl Cityはパブリッシュ95が11月にすべてのシャードに導入されるまでの期間限定だそうです。
オートマタ生産に関するもの、オートマタ起動装置やコットルブラックロッドのレシピ等はパブリッシュ95の新しいBODシステムで提供される予定で、オートマタ生産に関係しないものについてはThe Kotl Cityが終了すると入手できなくなるので、急ぐようにとの事です。

タグクラウド